入試一週間前家族のインフルエンザを移さない3つの方法

インフルエンザ.jpg

むらコック(@info_mrakhk)です。

息子の入学試験を一週間後に控え娘がインフルエンザになりました。

さあ、大変なことになりました。

こんな時どうすればよいでしょう?

患者を隔離しよう

インフルエンザ

まずは娘を完全隔離です。

その部屋に出入りするのは私だけ。基本的に他の人は出入りさせない。

出入りする人を限定することでウイルスの拡散をの可能性を少なくする。

うがい手洗いマスク着用の徹底

マスク

隔離部屋から出たらまずはうがい手洗いをする。

ウイルスは持ち出さない。

ここまでは一般的な感染防止の基本です。

しかし、やはり一週間後の入学試験。

今、息子に感染すればちょうど試験日ぐらいに発症します。

それだけならしょうがないと思えますが学校で他の受験生にうつしたりしたらn大変です。

病院でインフルエンザ予防薬を処方してもらう

薬
イナビル、リレンザ、タミフルいずれかを処方してもらう方法があります。

タミフルは10代以下の子供には原則処方しないそうなのでイナビルかリレンザとなるでしょう。

このことでウイルスに感染しても増殖を抑えるので発症しないし人に移すこともありません。

10日ぐらいは予防が有効です。

ただし、予防は保険適用外、すべて実費で支払わなくては行けません。

今回は受診料1000円、イナビル5160円でした。

また、病院によっては予防薬として処方しないという病院もあるようです。

受診前に電話で確認しておいたほうがいいでしょう。

これで感染を食い止めることができます。

息子よ、あとは実力を思う存分出すだけだよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックしていただけると嬉しいです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ