子供の進路に悩んだら

むらコックです。

今、息子は受験生。

どこの学校行くの?とよく聞かれます。

まだわからないなと答えます。

すると、「やっぱり公務員がいいよ」とか「医療関係がいいよ」とかアドバイスを頂きます。

中には「あんまり頭のいい学校にいくと遠くに行っちゃうから近くの学校がいいよ」

とアドバイスしてくれる人もいます。

進路は誰が決めるの?

進路は誰が決めるのでしょうか?

間違いなく子供が決めます。

親は絶対に決めません。

よく、親に進路を決められたのが嫌でやめたとか聞きますが

親が決めたわけではありません。

親が強く勧めるから行きたくないところに自分で決めたが正解。

結局は子供に決定権はあります。

子供の進路なんて考えるだけ無駄

決定権が子供にある以上、親はアドバイスを送るしかありません。

親があれこれ考えて見ても子供が嫌だといえばおしまい。

「考えるだけ無駄」と私は思います。

必死で考えてアドバイスして、断られたら頭にきて意地になったりして

それでも子供が嫌だといえばそれで押しまい。

それよりは子供の意見を聞きながら「こういうこともある」「ああいうこともある」と

選択肢を増やしてあげる提案のほうが現実的だし子供のためにもなります。

無駄に悩まずよく話を聞いて見るということが大事なのではないでしょうか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックしていただけると嬉しいです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ