自転車と自動車の通行区分

むらコックです。

今日車道を自転車で走っている人に対し

クラクションをブブブブブブッ!と鳴らし

いかにも邪魔だと言わんばかりの態度で追い越していく自動車を見ました。

自転車はどこを走れば良いのか

自転車は基本的に車両です。

通常は車道の左側を通らなければいけません。

今日の自転車の方も車道の左側を走っていました。

法律を守り走行していたわけです。

自動車運転手のおごり

それに対し自動車は邪魔だ!こんなところ通るんじゃない

と言わんばかりにクラクションを鳴らし

自転車の運転手を睨みつけ走り去って行きました。

自動車の運転手は自動車の邪魔はしてはいけないぞ

と思っているわけです。

確かに自動車を運転していると自転車がいれば危ないと感じるし

スムーズには通れません。

しかし、自動車は自転車や歩行者などの交通弱者保護の義務があります。

今日の運転手は自動車が中心にしか考えられない人だったんだと思います。

自動車は許可をもらい特別に運転させて頂いているものです。

それなりの責任の重さの自覚を持って運転してほしいものです。

しかし、自動車は特別に許可をもらって運転しているものです。

本来は乗っては行けないものなわけです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックしていただけると嬉しいです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ