転んだら起きればいい、失敗しようよ

ca1cf0f53dae9ea91ec62f5554c71af2_11414.jpeg

むらコック(@info_mrakhk)です。

何かやろうとした時、失敗したくないと言ってやめちゃうでしょ。

どうしてそんなに失敗を恐れるのかな。

失敗したっていいじゃない

失敗したってまた起きれば良い話でしょ。

「失敗なんかしないほうがいいに決まってるだろ」という声も聞こそうですが

失敗を恐れて挑戦しなければ成長はないのです。

自分のできないことを少し頑張ってやる。

人はそういうことで成長するんです。

スケートリンク

先日、子どもと子供の友達を連れてスケートに行ってきたんです。

うちの子供達は転ぶのを怖がって私にしがみつくか壁に張り付いているんです。

小学3年生ともなると恥ずかしいが先に立つのか転ぶのを妙に怖がります。

それでちっとも上手くならない

小さな失敗で被害を少なく

失敗を恐れて少しの幅を小さくすれば成長はその分遅れるんです。

失敗をすぐに認め対処して被害を小さくする。

そうすれば失敗なんて消えてしまうほど成長するんです。

スケート

スケートで周りの小さな子供を見ると楽しそうに滑ってる。

でもよく転ぶ。危ないと思ったら自分でしゃがんで座っちゃう。

自分で転ぶので危なくない。

でもうちの子供達は転ぶのは怖いギリギリまで耐えて転ばないようにする

だから、激しく転ぶ。痛いから次も転びたくなくなる。

転ばないようにしがみつくと、楽しくない。

それでちっとも上手くならない。

Ca1cf0f53dae9ea91ec62f5554c71af2 11414出典:img.news.goo.ne.jp

失敗したっていいじゃないまた起きればいいんだよ

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックしていただけると嬉しいです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ