辛いことから『逃げる』より『かわす』だよね

むらコック(@info_mrakhk)です。
あなたを100%幸せにする生きづらさから逃れるための10か条 – 脱貧困ブログという記事を読んで『逃げる』について考えた。

ボクシングの選手はパンチから『逃げ』ていない

16616300856 288c42cb38 n

photo credit: USAvsPoland-154 via photopin (license)

ぼくはこの記事の考え方とちょっとちがう

私はこのブログで、逃げることの重要性を何度も訴えて来ました。

学校で虐められている人、会社でパワハラを受けている人は、まず逃げることから考えてほしいと思うんです。

「逃げるな、戦え!戦ってこそ成長する」と、考える人もいるでしょう。

確かに、ある意味、正しい。でも、自分の身体や精神が病んでいるのに、戦っても自爆するだけです。

ぜひ、冷静になって、考えてみてください。

内容はわかりますが僕の場合、『逃げる』とは考えない。

『逃げる』というと負のイメージが有り後ろめたさがついてきます。
ボクシングの試合で相手のパンチをもろにくらったらたまったもんじゃない。

体が持ちませんよ。
ボクシングの選手はパンチから逃げてない。

戦いの中でパンチをかわしているのです。

人生も一緒、くらっちゃいけないパンチは『かわす』のが正しい戦い方でしょ。

笑いたければ笑え

3649497271 bce88851d3 n
photo credit: PRCC boxing night via photopin (license)

僕も以前の会社では精神的に病んでしまいつらい時期があった。

その時は本当に辛かった。そして逃げたいと思った。

でも、負け犬と言われたくなかった。

我慢して我慢してそのうち一ヶ月に5キロも体重が落ちた。
食べるものは普通に食べてたのに。

しかも、車を運転している時崖や橋の上を通るとここから落ちて死ねたらいいなと考える様になった。
ある時、このままではまずいと気がついた。

このまま死んだらそれこそ負け犬だ。

『逃げる』んじゃない『かわす』んだ。
そして、人生という試合を続けるんだ。

と思ったらすごく気が楽になっった。

そんなの『逃げる』ことの言い訳という人もいるかもしれない。

でもね、そんなのかわしちゃえば良い。

だって、人生っていう試合を続けてるんだから、ダメージを受けそうなパンチはかわすのが本当の戦い方。

たまにパンチはくらっちゃうけど、ブロックしたりかわしたりして大きなダメージを受けないようにする。

笑う奴は笑えばいい僕はかわしながら前に進んでいくよ
16691554131 b33bfaabfb n

photo credit: 27/02/2015 Week 7 Group A Match Ukraine Otamans vs Cuba Domadores via photopin (license)

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックしていただけると嬉しいです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ