子供がすべてというあなた本当に子供のためになってる?

子供がすべて、私は「子供のため」に生きてるなんていうあなた
「子供のため」に本当になってるの?
子供のために生きてると考えていない人も
「子供のため」にやっていること、本当に「子供のため」になってるの?
自分も「子供のため」にいろいろしてやったことが
ほんとに子供のためになってるのか疑問なんだよね。

「子供のため」と思ってたら奴隷になった

子供がどこかで遊びたいといえば、送って言って遊ばせたり
最近は友達の家まで送っていけと要求される
そこからプールだ公園だと送って行き一日丸つぶれ
その合間に御飯作って洗濯して掃除して
休みの日が一番疲れる。
そして手伝いを頼むと「なんで私がしなくてはならないの?」…
「はぁ?! てめぇ!誰に口聞いてんだ!ごらぁ!!」
と喧嘩になる。
ホント、なんでもいうことを聞く奴隷じゃないか。
スポ少なんてやっている時も大変だよね

人生の楽しみ方って教えられる?

こんな調子で毎週疲れている親を見ている子供はどうなるんだろう?
ふとそんなふうに思ってしまった。
子供に振り回され疲れた大人を見ている子供
もしかしたら大人になるとこんなにつかれたオヤジになるんだったら
今のうち遊んでおこうオヤジになったら人生終わりなんだから
そう思ってるんじゃないかな?
オヤジだって人生楽しんでいいんだよと
人生は最後まで楽しいんだよと教えないといけないんじゃない?

大人ももっと楽しもう

大人ももっと楽しまないといけないよね。
楽しかったことを子供が大人に話すように
大人も子供に話さないといけないよね。
いつも好きなことばっかりで家庭を顧みないオヤジもまずいが
子供のことばっかりで疲れているオヤジはマズいんじゃないか?
そんなことを心がけて見ようと考えてここ最近過ごしている。
そしたらなんとなく息子のやる気スイッチが入ってきたような
そんなことを自分に言い聞かせている

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックしていただけると嬉しいです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ